手続きなどの内容

孫と散歩

何らかの事情でお墓のある地から離れなければならない、両親が亡くなり先祖代々のお墓を守る人がいなくなった、などさまざまな理由でお墓の引越しを考える人が増えています。その背景には、少子化問題・核家族化・都市部への人口集中などの社会現象が影響しています。 お墓を引越しすることを「改葬」と言います。改葬するには、引越し先墓地の「受け入れ証明書」と現在の墓地の「改葬許可申請書」の手続きが必要となります。また、宗派・寺院によって多少異なりますが、現在の墓地に対しては「閉眼供養」「抜魂供養」「遷座法要」「遷仏法要」などを行い、墓地はさら地に戻します。さらに、改葬先では「納骨法要」「開眼供養」「建碑法要」などを行います。 このように、お墓の引越しは新たにお墓を建てるときより大変で費用も多くかかります。

墓地管理者である住職は、墓地の管理はもちろんのこと法要・お盆・お彼岸の供養などの祭祀を行っています。特に、先祖代々お世話になっているお墓なら長い付き合いがあるわけです。そこで、いきなり改葬の話を出してもなかなか許可してもらえないケースがあるようです。檀家をやめるわけですから住職としても困るわけで、高額な離壇料を求める場合も多いようです。「改葬証明書」には住職の署名・捺印が必要になりますので、出来るだけ穏便に話を進めなければなりません。 したがって、住職とのトラブルを避けるためにも、改葬を考え始めた時点で住職によく相談することが大事です。改葬するには何らかの事情があるわけですから、その辺をよく説明し今までの祭祀のお礼を伝えればきっと理解してくれるはずです。また、今までお世話になった感謝の気持ちを込めて、お布施1回分程度の離壇料を渡すのも妥当なことです。